アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の40代は昔では考えられないほど若返ったと言われています。
30年前の40代は今で言う50代の人と同じぐらいの年代に見えると言っても言い過ぎではないでしょう。
それは生活習慣自体が変わったことも大きな理由の一つです。
若く見えるようになった理由の一つが白髪染めやヘアカラーにあります。
かつては40代というと男性でも女性でも白髪交じりの頭髪の人が普通に町を歩いていました。
ですが、ここ数年で白髪交じりの頭をした40代の男女、特に女性はかなり減ったのではないでしょうか。
とはいえ、最近になって髪を染める人が増えたというわけではありません。
実は、髪を染める歴史をさかのぼると意外とその歴史は長かったりします。

髪を染める歴史をさかのぼると紀元前にはすでに行われていたと言います。
紀元前3000年ごろ(今からおよそ5000年前)、当時はエジプトでエジプト文明が栄えていた頃です。
その頃からすでに髪を染めていたという資料が残されています。
髪を染めるための素材は自然の植物や鉱物などを使っていたと言います。
では日本ではどうか。
実は日本でも髪を染める歴史はあります。
さかのぼること今から1000年前、平安時代にはすでに髪を染めていたようです。
日本の場合には黒髪にするために墨を使ったと言われています。
戦のとき、白髪交じりだと敵に年齢を悟られてしまうため、できるだけ若く見せようと白髪をわざわざ墨で塗って合戦をした武将がいたほどです。

現代はさすがに鉱物や墨で時間をかけて染める人はほぼいないでしょう。
鉱物や墨を使うと時間がかかってしまうのと髪にはあまりよくないとも言われているのです。
そういった時間を短縮するためにできたのが酸化染料というものです。
かつては数時間かかっていた髪染めが、酸化染料を使うことで10分ほどでできるようになってきています。
さらに最近ではトリートメントタイプのものも商品として出回っています。
髪を染めて髪を傷めるのではなく、染めるたびにトリートメントをして髪の毛のダメージを減らしていくのです。
特徴としては手袋をして使うのではなく直接手に触れても大丈夫なので、手袋をはめる手間が省けます。
トリートメントタイプの値段は若干高めですが、髪に優しく使いやすいため人気はあるようですね。

オススメリンク

白髪染めをするなら髪に優しいものを選ぼう!:人気の白髪染めを徹底検証!

ヘアケアについて

白髪を染めるカラーリング剤はアルカリ性で強い化学物質が使われているため、染めた後はしっかりとカラーリング剤を洗い流すのが大切です。
髪にカラーリング剤が残ってしまうと髪が傷みやすくなるため、すすぎを充分に行なうようにしましょう…Read more

白髪染め方法

白髪を染める場合、ヘアカラーの白髪用だと色がしっかりと染まる反面、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
これはカラーリング剤に含まれている薬剤や染料などが強力なので、繰り返し使用していると、髪がぱさついたりゴワゴワになったり…Read more

関連リンク