UVコーティングを床にするという事【ピカピカ床よいつまでも】

 cleaning

業者選びに気を遣う

床を保護するための方法

modern cleaning

床などにフロアコーティングをすることによって、床を傷や汚れから保護することができます。フローリングの床などは特に、素材が木であるため、そのままでは重い物を落とした時に傷がついたり、水や油が染み込んで跡になってしまうことがあります。フロアコーティングはそのようなことを防ぐ効果が期待できます。また、日焼けによる反り返りなどを防ぐ効果も期待できます。 フロアコーティングには、いろいろな方法がありますが、耐久性や施工時間などが優れている方法としては、UVコーティングがあります。効果の持続期間が数年という方法もある中で、UVコーティングは20年〜30年効果が続くので、一度コーティングを行えば、しばらくは、やり直しの必要は無くなります。

業者選びは大切です

UVコーティングは、撥水性や耐油性などにも非常に優れていて、衝撃などにも強いことが知られています。また、施工時には、塗布した薬品にUVライトを当てて硬化させるため、自然乾燥で仕上げる他の方法に比べて施工時間が短いのが特徴です。 UVコーティングを希望する場合には、それを行うことができる業者を選ぶ必要があります。業者選びのポイントとしては、まず、ホームページなどで施工の流れなどを確認します。施工する前に床の補修や清掃を行わない業者などは避けるようにします。施工例などの写真がある業者などもありますので参考にします。 料金が安くても手を抜いたり、専門知識がない人がやっているような業者は避ける必要があります。専門業者に依頼した方が、より技術は確かです。

Copyright © 2015 UVコーティングを床にするという事【ピカピカ床よいつまでも】 All Rights Reserved.